FC2ブログ
司法書士試験の勉強を始めたばかりの方、複数回受験しているが、未だ確立した勉強法が見つからない方のためのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

初学者がする、基本書の読み込み

こんにちは、はるです。


昨日は用事があって更新できませんでした。


読者さんは少ないですけど、読んでくれている方がいるので今後も続けていきます。



ぼくは、以前の記事で繰り返し基本書ほ読み込みが必要だと言いました。

それもしっかり正確に暗記、理解をしなければならないと。


ただ、その勉強法を取り入れることで得点の伸びが期待できるのは、ある程度勉強が進んでおり、ある程度理解ができており、復習する段階にいる人なんです。


注意していただきたいのは、すべての科目を一通り終えていない初学者の方は、今の段階で基本書の読み込みを「細かいとこまできっちりやらねば」とは思わないようにしてください。

基本書は大切ですし、初学者の方も勉強の中心は基本書であるべきですが、だからといって、いきなり細かいところまで意気込んでやらないでくださいね。


白紙の塗り絵に、薄ーい絵具で何度も何度も色を重ねるイメージでいいです。


ぼくは法学部だったので大学で法律を多少かじっていたのですが、それでも司法書士試験の範囲は細かいところまで聞いてくる難関試験。自分が勉強していなかった分野なんてちんぷんかんぷんでした。

憲法、民法、会社法、刑法、民事訴訟法を勉強してたんですけどね~。

司法書士試験を受けるにあたって、法学部出身者とそうではない人は全然関係ないですね。
(司法試験受験者だった人とそうではない初学者の人とは違いがあると思いますが、そんな人そこまで多くないですし、司法試験受験者の方でも無慈悲に落されてますしね。)


話が逸れました。



初学者の方は、まず全科目一通り目を通しちゃってください。

予備校に通っている方は、受講できる科目はとりあえず、すべて一通りインターネット等で聞いてください。



その際に重要なのは、まず1科目勉強し始めたら、他の科目には手をつけずその科目を終わらせましょう。
(このアドバイスの対象と想定している人は、全科目一通りやっていない方です)



なぜなら、人は物事を単体で覚えるよりも、他の物事を比較したりしてまとめて覚えてしまった方がはるかに短時間で覚えられるし忘れないからです。



「???」
「他の科目も一緒にやった方がいいんじゃない??」



実際そうなんですが、今アドバイスの対象としている方は、全科目を一通り終わらせていない方です。

おおまかに、民法は不動産登記法・供託法、不動産登記法は民事訴訟法、会社法、民事訴訟法は民事執行法・保全法、会社法は商業登記法と関連があります。

なので本来勉強するときはこれらの科目とのつながりを意識し他方がより効率がいいですが、初学者の方はそもそも「不動産登記法とは何か」という段階にあります。

不動産登記と民事訴訟の判決の登記が関連していることすら現段階では知らない状態です。


ということで、まずは1科目ずつ集中して講義を聞き、早い段階ですべての科目に目を通してしまいましょう。


この科目とこの科目は関連しているんだなと、早い段階で認識することが大切です。


予備校の講義で、講義スケジュールが決まっていてこれ以上先に進めないという人は、つながりのある科目を終えたら、その段階で科目ごとのつながりを確認してみてください。

たとえば民法、不動産登記法が終わったらその2科目の関連事項を勉強するんです。



で、これが結構大切なんですが、関連事項を見つけて(同じ科目の中でもいいし、他の科目とのものでもいいです。ex.民法の時効と即時取得 不動産登記法と民事訴訟法の判決の登記・・・)、その事項を比較して覚えるべきだと思ったら、

比較すべき事項のページ数とその事項について(タイトルだけでも十分)を基本書の余白にメモしてください。


自分が「今日6時間勉強したわ~」の中に、関連する事項を探すために基本書、テキストのあっちこっちみて無駄に時間を使ったというのをなくすためです。

これができればかなり時間が短縮でき、勉強時間がより濃いものになりますよ。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013-10-10 : してはいけない勉強法 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

=はる=

Author:=はる=
R大学法学部卒業
20代

司法書士試験の勉強を2年3カ月し、2回目の受験で平成25年度司法書士試験筆記試験合格。

午前:93、午後90(択一)・記述47(不登22、商登25)
合計230点

基準点午前84,午後81,記述39 総合点221,5点以上

これまでの勉強期間で培ってきた勉強法、僕がしていたやってはいけない勉強法を反面教師として役に立ててもらえればと思います。

趣味:スノーボード、ボルダリング(に関してはやってみたいという願望)、マンガ(ワンピース・進撃の巨人etc)

最新トラックバック

検索フォーム

AC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。