FC2ブログ
司法書士試験の勉強を始めたばかりの方、複数回受験しているが、未だ確立した勉強法が見つからない方のためのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

才能がないと受からない?努力すれば受かる?

こんにちは、はるです。



基本的に受験生のみなさんに直接役立つ情報をお伝えするためにこのブログを立ち上げたわけですが、今日は司法書士試験を受けるにあたって、気持ちの持ちようというか、受験に臨む姿勢について書いていきます。



記述式に役に立った問題集とか、どんな六法使うとかは後日書きますので、興味がない方は飛ばしてください。





司法書士試験って、かなり難しい部類の国家試験ですよね?


2,8%の合格率なんて聞いたら震え上がってしまいます。



なので、司法書士試験を知らない人がまず発する言葉が

「才能ないと無理っしょ」、「受かったら天才やな(これは言わないかな?)」



で、次に実際に試験に受かった人が言う言葉は

「暗記すればいい試験だから、努力すれば受かるよ」

だと思います。




まず、「才能ないと無理」は明らかに間違いですね。



ぼく今年受かりましたが、才能なんてないです。

読むの遅いですし、理解力はそんなあるとも思えませんし、IQサプリでIQ120の問題でてきたら解けません(?)。

一方で、入学する段階で一定以上の能力を要するロースクールに入り、司法試験を受けた人でさえ、司法書士試験に合格していない人もいる。


全然関係ないでしょ?



司法書士試験の勉強を始めて間もない人で、途方もない試験だと思っている人は、そんな気負わなくても大丈夫ですよ。




ただ、次の


「努力すれば受かる」



間違いじゃないと思うけど、そこまで簡単な試験とは思えません。


なので、あまりに安易に考えないようにしてください。

だからと言って特別な才能がいるかと言われれば、もちろんNOですけど。




では「努力」ってどういうことをいうのか考えたとき、
正直なところ、合格ゾーン全科目1周回すのだけでも相当「努力」が必要なことだと思います。


実際ぼくも過去問やりましたが、これを「努力してない」なんて言われたら激おこぷんぷん丸ですよね。



「お前に何がわかるんじゃーーー!!!」


ってね。




司法書士試験を始めた人は、予備校通うにしろ独学にしろ、しっかり勉強してる人ばっかりで、ほとんどの人は「努力」している。

でも、合格者は3万人の2.8%

下手したら、一生受からず撤収する人もいる。というか、実際いる。



じゃあ「努力すればうかる」っていうのは間違いなのかといえば、先にも述べたとおり、間違いではありません。




程度の問題ですね。




合格してる人って、一発合格・複数年合格含めて、専業・主婦・サラリーマン兼業・退職後受験等、勉強形態は違えど、


本気じゃないですか



こんなこと言ったらさっきの「努力した、してない」の話と同じになってしまいそうですが、ぼく自身どっか思い当たるところがあるんです。



受験を失敗した年、確実に甘えがありました。
(受験を失敗した人は全員、その年甘えてたかといえばもちろん違いますよ?)

「まあ今日はこんくらいでいいか」
「今日の分は明日まとめてやろっと。一応これでノルマ達成やし」
「スロット行こ(?)」


ぼくの場合は甘えがアホらしくて、目に見えてわかるので、本気になった時との差があってわかりやすいですが、難しいのは、ちゃんと「努力」している人。

「努力」してる人の中で本気で努力している人ってどんくらいいるんかなあって思うんです。



すげー偉そうに話して申し訳ないんですが、なんか無意識にブレーキかけてる気がする。




本気で努力している人も、試験である以上100%なんてないですし、本気で勉強したから合格するというものでもありません。

しかし、少なくとも合格した人は本気で努力したと思うんです。

そして、合格するには「本気」というのが必要条件なんだと思います。




よくよく周りを見渡してみると、胸張って堂々と努力したって言える人ってすごく少なくないですか?
(適度な休憩、娯楽は必要だと思いますので、飯・風呂・睡眠以外は全て勉強に費やしたという人が、「本気で努力した人」だとは思ってません)

勉強した内容を、予備校の廊下で長々と受験勉強を開始したばかりの友達に自慢げに喋ってみたり・・・






まあ運の要素も多分にあると思いますが・・・

基準点を超えて総合点に満たなかった、記述で1点足りずに肢きりに遭ったといった人は、ぼくみたいな合格者と紙一重だったと思います。
ぼくが落ちててもおかしくなかった。


そして、本気で勉強した人の一部が運悪く落ちてしまったと思っています。


なので、そういう人はこの記事の対象として書いていません。大丈夫。合格は限りなく近いと思います。









まぁ、あのー・・・・

ほんとにクソ生意気で偉そうに話してごめんなさい。
不快に思われた方すみません。




勝てば官軍とは言いますが、まあそうですね。

なんとでも言えちゃうよね。


サラッと流してくださいな。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013-10-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

=はる=

Author:=はる=
R大学法学部卒業
20代

司法書士試験の勉強を2年3カ月し、2回目の受験で平成25年度司法書士試験筆記試験合格。

午前:93、午後90(択一)・記述47(不登22、商登25)
合計230点

基準点午前84,午後81,記述39 総合点221,5点以上

これまでの勉強期間で培ってきた勉強法、僕がしていたやってはいけない勉強法を反面教師として役に立ててもらえればと思います。

趣味:スノーボード、ボルダリング(に関してはやってみたいという願望)、マンガ(ワンピース・進撃の巨人etc)

最新トラックバック

検索フォーム

AC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。