FC2ブログ
司法書士試験の勉強を始めたばかりの方、複数回受験しているが、未だ確立した勉強法が見つからない方のためのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

六法の重み

みなさんは六法使ってますよね?


なんのために使ってますか?


まあ、条文を読むためだと思います。ぼくもそうです。




司法書士試験の受験勉強を始めた当初、受験のための六法を買おうと本屋さんに行くと「登記六法」「司法書士受験六法」など、分厚い六法がありました。

受験勉強始めたときは、意気込んで受験六法を買っちゃいました。
受験のためですしね。

先例や、不動産登記令、商業登記規則など、受験に必要と思われる事項がふんだんに書いてあって、とても便利だと思い、使ってみる。







今は本棚にほこりを被って眠っています。

これは受験が終わったからではなく、受験勉強時からほとんど使ってなかったからです。
(掃除はきちんとしてますからねw)


ぼくにとって六法は、先にも述べたように、条文をしっかり読むということを目的としていたからです。
テキストにも条文が解説しているものが載っていますが、そのままの条文を確認したかったのです。

そして、テキストに必要な判例・先例等は載っていたし、それで充分だったので次第に使わなくなりました。



それになにより




重い




テキスト、筆記用具、問題集をカバンの中に入れ、その上めっちゃ重たくてかさばる受験六法なんて、図書館まで通ってたぼくにとっては酷でした。


チャリンコのかごぶっ壊れた
カバン破れた
華奢なぼくは肩が痛くなった



はあ(゜_゜)



ということで、ぼくはセレクト六法なるものを使いました。
大学の授業で使っていたものです。


本屋さんで売ってるポケット六法の半分くらいの厚さです。
もちろん、縦・横の幅はポケット六法と同じ。

無題



分厚い六法を使っている人の中には、法律ごとに切断する人もいます。

公認会計士の勉強してた友達の六法は見るも無残な状態に・・・



セレクト六法には、司法書士試験に必要な法律は入ってます。

商業登記規則や不動産登記令・不動産登記規則・先例は載っていませんが、テキストに載ってるし、ぼくはそれだけで十分対応できました。


やっぱり、家以外で勉強するときは参考書等持っていかなければなりませんが、軽いにこしたことはないです。
なにより、重い六法をもちだすのがイヤだということで、条文の確認がおろそかになる方がぼくは嫌でした。



勉強であまり登記六法・受験六法を使ってる実感がない人で、カバンを軽くしたい人・今まで使っていた六法に執着がない人・初学者の方で六法選びに迷っている人・野球のやり過ぎで肩を壊した人・(おれか)にはお勧めです。



にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013-10-31 : 役立つ書籍 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

記述式の勉強③

前回商業登記法の記述式問題の問題文の、答案構成用紙への具体的な起こし方を書きました。


次は不動産登記法かと思いきや、今のところ不動産登記法については書くつもりがありません。

あまり需要がないような気がして。


実際、記述式の演習の際には答案構成用紙に書いていましたが、それでも商業登記みたいにビッチリ書いてなかったし、特別取り上げて書くこともあまりないと思いまして。

もし需要があるならば、あまり参考にはならないと思いますが言ってください。





さて、記述式の勉強①では記述式の基本的な説明、②では記述式商業登記法の問題文の起こし方を書きました。

ということで、それらを踏まえて具体的な勉強法について書いていきます。




ズバリ








問題集をひたすら解く






ご、ごめんなさい、ごめんなさい!!
イタイ!!
も、物投げないで(T_T)




でも、これしかないんです。
少なくともぼくはこればっかでした。

問題集といっても、記述式の過去問のみを集めて編集してある問題集


ではない問題集です。


もちろん過去問の問題集も持ってますし、1回やりましたが、問題の傾向が近年と昔じゃ大違いで、昔の問題をやる必要性があまり感じられなかったため、すぐ放棄しました。
(最近の本試験で、かなりの数の別紙から事実関係を読み解くような問題が出題された年度のものは複数回解きましたが。)



この問題集を少なくとも5周くらいは回しました。


解いた問題で、書けなかった論点については、基本書に書いてあるひな型を確認。
問題文に書いてある事実について、ひな型を覚えていないという以前の、実体的な理解ができていない場合も基本書に戻って確認。

この繰り返しです。


「この登記の目的(不動産登記)・登記の事由(商業登記)の場合はこの添付書面を書く」というのを考えなくても自動的に書けるようになるまで反復練習しました。


そしてこの単純作業こそ大切だと思います。


書くというのは大変で、思いっきり力を入れて継続して書き続けると、親指の付け根の筋肉が痛くなっちゃくし、目も首も疲れるし、何より面倒。

この面倒な作業を周りの人よりも少しだけ多めにやると、やってない人に比べて大きな差ができます。
(当たり前かw)


記述の問題を少しだけ解いてみて、「択一を解くために得た知識でイケるやん」と思い、反復を怠ってしまうと、周りから差をつけられてしまいます。

だって、面倒だもんね。

試験に合格するには、受験者の上位に行かなければならないので、ある程度周りに差をつける必要が出てきます。

しかし、それは知識量ではなく、面倒だと思うことを少しづつ丁寧に積み上げていくことだと思います。
差を思いっきりつける必要はないです。

気張らずに、かといって力を緩めすぎず、コツコツと記述の練習を積み重ねていくのがいいと思います。



ぼくの場合は、1日に不動産登記・商業登記の記述を合わせて3、4問やってました。
1問+2問(2問+1問)、2問+2問。


ひな型をそこまで覚えていない人や、そもそも勉強の進度が記述式の問題を全て解ける段階まで来ていない人は、もちろん勉強が進んだ分まででいいし、1日3問・4問もやろうとしなくていいと思います。

問題集を解く1周目は誰でも時間がかかるので、問題集の2周・目3周目とかになったら1日に複数の問題を解いてもいいかもしれません。




で、次にどんな問題集がいいかということですけど、以前少し書きましたが、ぼくは断然


オートマチックシステム商業登記法 記述式,不動産登記法 記述式です



記述式の勉強法①で書いたように、問題文の中にある論点は、ぱっと見ればすぐわかるものとなかなか見つけにくいものがあります。
すぐ見つけられるものが眩しすぎて、他の論点が見えなくなるという感じでしょうか。


基本書のひな型を写して覚えるだけではなく、隠された(といっても見つけにくいだけの)論点を探す訓練が必要です。

つまり、問題として出題される重要なひな型が覚えられ、かつ記述式の論点がうまい具合に隠れている問題集がいいわけです。


ぼくがまた司法書士試験を0から受けるとなっても、自分自身にオートマを薦めますね。



不動産登記法<記述式>
基本の部(41問)・応用の部(10問)があって、基本の部で短めの問題文で複数のひな型を覚えられるようなものになってます。
応用の部では、本試験に即した問題形式で実践的な問題です。力試しにいいでしょう。


商業登記法<記述式>
基本編(18問)・応用編(9問)・実践編(3問)で成り立っています。
基本編は、種類株式発行会社ではない会社の登記についてで、これだけで基本的な論点の大部分をカバーしてます。

応用編は種類株式発行会社の登記についてで、種類株式発行会社であるが故の少しばかり難易度が高い問題が載っています。
難易度が高いといっても、基本書に載っている事項がほとんどですし、構える必要はないです。

応用編・基本編ともに短めの問題文で、不動産登記法の基本の部と同様に論点・ひな型の確認の意味合いが強いです。
これらの問題を解いてみて、全く書けない問題があったらそれは伸びしろであり、得点が飛躍的に伸びる分野でもあります。がんばって。

実践編は、不動産登記法<記述式>と同様、本試験を意識した問題です。
力試しです。がんばって。



それに、記述式問題をしっかり理解できるということは、択一の知識の基礎固めにもなります。


オートマの商業登記法<記述式>の応用編を何回も解いていると、苦手だった択一の商業登記法の種類株式発行会社について理解することができました。

取得条項付株式・取得請求権付株式・全部取得条項付株式・譲渡制限株式の関係とか特にね。
全然意味わからんかったけど313pのおかげで助かった。

あ、あと100%減資もこの問題集に載っていますが、自分の基本書に載っていなかったため、この問題集やってなかったら今年試験会場でパニックでした。
長年受験していた方でも、この論点を知らず、パニックになって実力を出せなかったひとも多いようです。
(2ちゃんで見ただけですけどw)




もちろんオートマ 商登、不登でなくとも、自分が信頼できる問題集があるならばそれを何回も反復演習していきましょう。

記述式問題の場合、実践あるのみです。

ボールペンを何本も消費するほど、ノートを何冊も使うほどやれば力が付いてきます。

無題 
少なくともこんくらいやりました。といっても、答案構成用紙として使ってるページもありますけどね^^;

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
2013-10-25 : 役立つ書籍 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

比較して覚える事項を、まずみつけるために

こんにちは、はるです。



以前から、基本書の読み込みを勉強の中心に置くべきだと言ってきました。

それに、同じ科目の類似する事項、対照的な事項、他科目との関連がある事項など、
「ヨコのつながり」を意識して覚えていった方がいいとも言いました。


そのためにはまず、なにとなにが関連しているか認識するために
「一通り基本書に目を通してしまいましょう」 とも言いました。



基本書を大切にし、原則的に基本書以外の参考書に手を広げないほうがいいことは、自らの経験からも言えます。


しかし、一通り基本書に目を通したといっても、すぐには比較すべき関連事項はわかりません。


なので、ぼくは例外的に、関連事項を横断的に表で整理してある参考書を基本書以外に使っていました。



だって・・・




そもそも関連事項を新たに発見したり、探したりするの時間かかるでしょ?





そこで、例外的に自分が使っていた基本書以外の参考書について書いていきます。


平成25年度の試験に向けて、横断的に知識をつなげ、整理するために最初に使い始めたのが

LECの実践択一カードです。

d.png


本屋さんに売ってるものなので、興味があったら見てみてください。

表が多いので、個々の事項を覚えていない方はよくわからないかもしれませんが、初学者のかたは、何と何が関連事項なのかを認識し、基本書に関連事項のページ数(それに加え、たとえば実践択一カードの該当ページを基本書に書き込む)を書きこむだけで、今後の復習スピードが格段に上がります。


関連事項を探すだけで数分もかかっている人は、時間だけがだらだらと過ぎ、「今日は○時間勉強した」と自己満足に浸っているだけなので、あなたはすぐに追い抜くことができます。

効率を考えて勉強しましょう。


ところで、ぼくはLECの答練に申し込んだんですが、その講座についてきた参考書がありまして、それがこれです。

無題

紫色の択一カードは、午前の部、午後の部に分かれてましたが、白黒の方は、民法、不動産登記法、商法・商業登記法、その他の科目全て、の4つに分かれてました。

率直に言って、白黒の方がより表が多く、横断的な整理がしやすかったです。

なので、答練に申し込んでこの参考書が届いて以降は白黒の方を使いました。


答練に申し込まなければこれが手に入らないのかは不明なので、LECに問い合わせするなどして確認してみてください。


答練の話題が出たので、次回は答練(公開模試も含む)についてお話したいと思います。

公開模試はLEC以外に、TAC(Wセミナー)でも受けたのでレビュー(批評)します。

といっても、この2校しか模試受けていないので偉そうなこと言えませんけど。


早い段階で申し込んだら答練の代金を割り引きしてくれることがありますから、自分が希望する答練講座の割引期間のリミットが迫っているのか確認してみるといいと思います。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
2013-10-11 : 役立つ書籍 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

=はる=

Author:=はる=
R大学法学部卒業
20代

司法書士試験の勉強を2年3カ月し、2回目の受験で平成25年度司法書士試験筆記試験合格。

午前:93、午後90(択一)・記述47(不登22、商登25)
合計230点

基準点午前84,午後81,記述39 総合点221,5点以上

これまでの勉強期間で培ってきた勉強法、僕がしていたやってはいけない勉強法を反面教師として役に立ててもらえればと思います。

趣味:スノーボード、ボルダリング(に関してはやってみたいという願望)、マンガ(ワンピース・進撃の巨人etc)

最新トラックバック

検索フォーム

AC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。