FC2ブログ
司法書士試験の勉強を始めたばかりの方、複数回受験しているが、未だ確立した勉強法が見つからない方のためのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

司法書士試験は難しい?③

こんにちは、はるです。


昨日の記事でも言いましたが、択一で9割または9割弱とるには
各問の5つの肢のうち、3つの肢の正誤を確実に判断するということでした。


では、昨日のつづきです。


なぜ確実に3つの肢を正確に判断しなければいけないかというと、
ご想像通り、得点が低くなるからです。


著しくね


「デカ文字ウザい」とか思わないでください。

多分皆さんが想像している以上に得点が低くなるのであえてね・・・



ではどれだけ得点が下がるのでしょうか。

僕は生粋の文系。数学はできません(数学ができる文系の方はたくさんいます。すいません。)。

ということで、またまたwセミの山本先生に登場していただきます。


「資格の天才」ヤマモトの司法書士一発合格塾p97~

では、本当は正しい肢を、受験者が誤りと錯覚した場合、あるいはその逆の場合にはどのようなことが起こるのか(まあ、ご想像通り得点の減少ですね)見ていきましょう。

条件
以下は、4つの肢の正誤を正確に判断したが、残り1つの肢の正誤を誤った場合の正解率についてです。
(詳しい計算は載っていませんが、東大法学部卒の山本先生です。大丈夫、心配ない。計算ができる方はご自身でやってみてください。)

1.組み合わせ 60%
2.単純正誤  44%
3.個数     0%





なんということでしょう。

以前の、家じゅういっぱいに溢れかえっていた家具や雑貨のあった光景が嘘のよう。
匠の技で家じゅうすっきり。ものがきれいに収納されました。

不要になった個数問題はとくにきれいさっぱりなくなりました。



え~、この各問の正解率から出される期待得点は、平成25年度を例に出すと、

57問×60% + 8問×44% +5問×0% = 37,72問 = 113,16点 (択一の得点率:約53,9%)






「ギャー!!」

ですね。


注目してほしいのは、山本先生の本で書かれていた条件。

「4つの肢は正確に正誤を判断できた」としています。


「まじか・・・」



普通、試験で4つも正確に判断できる機会は、そう多くはないです。
そもそも時間制限があるので、3つの肢をみて判断するくらいでないと時間に余裕をもてませんが。

それでも、4つの肢を判断できる知識をもちつつ、こんな悲惨な点数になってしまうのは、多くの受験生でも結構体験してるんではないですか?


「あ~、ウの、時効の無過失は推定されるもんだと勘違いしてた。」
「エの、取消の期間は法律行為時からじゃなくて、取り消すことができる時からやったー」


例は基本的な事項ですから、あまり間違えることは少ないと思いますが、
重要事項だけど少し細かい事項に関しては、勘違い等あると思います。


過去問なんかやってみても、「オの肢ちゃんと確認してたら、絶対の自信をもって4を選択できたのに」みたいなことは僕もありましたし、24年度受験した時も民法でやらかしました。



昨日の記事でも書きましたが、基本事項をしっかり理解し、「正確に」覚えているということが大事です。

そのためには基本書の読み込みを大切にしましょう。その考えを念頭に置いて、勉強してみてください。



ということが言いたいのでした。


司法書士 ブログランキングへ
スポンサーサイト
2013-10-07 : 司法書士試験の特徴 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

司法書士試験は難しい?②

昨日は消化不良な記事を書いてしまってすみませんでした。

こんにちは、はるです。



昨日の記事のおさらいをしておきますと、採点基準が不明確な記述でめちゃめちゃ高得点をとるというよりも、択一で9割取って、記述は基準点ギリギリで逃げ切ろうというものでした。

その方法とは、正解率60%を確実にものにできればいいというもの。
詳しく言うと、5つの肢がある司法書士試験ですが、その各問の中の5つの肢のうち、
3つ確実に正誤を正確に判断することだと述べました。

そして、具体的な話に行く前に記事が終わりましたm(__)m


ということで、今日はその続きです。



え~、択一の5つの肢の正解率が60%で得点の9割がとれることの真相。

いきなりですが、Wセミナーのカリスマ講師山本先生に登場してもらいます。

「資格の天才」ヤマモトの司法書士一発合格塾p87~

5肢択一の試験で3つの肢の正誤を正確に判断し、残りの2つの肢は単純に、
知らないだけで正誤の誤解がない場合の、その問の正解率を出す。(肢の正解率が60%という意味)


1.単純正誤の問題
正解率80%

詳細
3つの肢の中に正解がある場合、60%
ない場合は、残りの2者択一で、40%×1/2=20%
   
合計80%


2.組み合わせ問題
正解率90%

詳細
5つの肢のうち正しいものが2つだけあり、その正しいものの組み合わせはどれかという問題を前提とする
   
1アイ、2イウ、3ウエ、4エオ、5オア とし、正解を1のアイとする

3つの肢にア○ イ○ オ×のうち、2つが含まれれば正解可能。 ウ× エ× オ× の3つがわかっても正解
(詳しい計算は載っていませんが、東大法学部卒業のカリスマですからここは信用して大丈夫。数学できる   人は自分で計算してみてください。)


3.個数問題
正解率少なくとも33%(考えようによっては50%)

詳細
正しいものの個数という問題で、3つの肢のうち2つが○、1つが×と判断すれば、正しい物の個数は、2、3、4、個のいずれかで、33%
   
ただし、残り2つの肢は、○○、○×、×○、×× の4パターンであり、正しいものが残り1つという可能性が50%あることを考えたら、正しい選択肢が5つの肢のうち3つの可能性が50%ある。
   

では、各問に対する正解率から導き出される得点可能性を出します。
(期待値のことですね。サイコロで6が出たとき1000円もらえる場合、1回サイコロを振ると、理論的にいくらもらえるか、というのと同じです。 このばあい、6が出る確率は1/6,なので、1000×1/6=166,6円です。)


(例)平成18年度の択一
1.組み合わせ 55問
2.単純正誤  12問
3.個数     3問

なので、得点可能性は、


55問×90% + 12問×80% + 3問×33% =60.1問 =180.3点

平成18年度の合格最低点は202.5点(記述式が52点満点の時の話)

記述式の基準点を除いた、択一逃げ切りラインは171点なので、合格圏内です。




と、本には書いてあります。

ちなみに今年度(平成25年度)で同じように検証してみましょう。


1.組み合わせ 57問
2.単純正誤   8問
3.個数     5問

なので、得点可能性は

57問×90% + 8問×80% + 5問×33% = 59.35問 =178.05点

ん~惜しい!!


183点には届きませんでした。(昨日の記事で、記述が基準点ギリギリで、択一で逃げ切るには183点が必要だと書いたため、個の数字です。)


みなさんこれ見てどうですか?


「逃げ切れてないやんw」


じゃないですよ。


たった3つの肢を確実に判断するだけで、合格圏内、またはそれに限りなく近い成績を残せるってことですよ。

今年度の場合、単純正誤問題が減って、個数問題が増え、期待得点が少し下がっていますが、
それでもプラス2問正解でいいんです。

それに組み合わせ問題が大部分を占めていますし、3つの肢を完璧に判断するということが、その組み合わせ問題で威力を発揮するというのは理解してもらえたと思います。



結局何が言いたいかというと、基本書に載っている重要事項をきっちり覚えれば怖くないということです。

「3つの肢だけでいい」と考えたら少し気が楽になりませんか?

ほんの数カ月勉強しただけの方でも、「確実に切れる肢を判断できた」って経験ありませんか?



自分で司法書士試験の壁をおもっくそ高くしないでください。


「結果論だろ。それができたら簡単にうかっとるわ」
「合格したやつだからそう簡単にいえるんだよ」
「ワロスワロスww」




ええ、結果論です。

ただ、僕は基本書の読み込みやりました。
重要事項が何ページの右端に書いてあったというのも覚えてます。

それくらいやったら受かるんです。ほんとです。


だって、





受かっちゃったんだもん(ドーン)






失礼しました。

ただ、僕、ほんとに基本書を読むことを大切にしました。
その基本書は、予備校の講座に申し込んだときの、初学者用のものです。

今年度、合格するまでの勉強で、中・上級者講座なんて受けてません。


まず、基本書を大切に読み込んでみてください。頑張ってください。



あ、それと、うえで「確実に」って書きましたけど、のちにつながった行きますので、サラッと流さないでくださいね。


司法書士 ブログランキングへ
2013-10-06 : 司法書士試験の特徴 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

司法書士試験は難しい?①

そうですね、難しいともっぱら巷では有名です。

国家試験で8割取らなければ受からない。
最難関資格試験のうちの一つです。

鬼畜ですね。


合格率もほぼ一定の2,8%ですし、受験者の増減があっても変わらないです。
(詳しい推移は、予備校等でご確認ください。)



ん~、確かに難しい。

けど、そこまで恐れることでしょうか?


実際合格率は2,8%で、1000人弱しか合格できないです。
しかし、基準点を超える人って、3000人くらいしかいないんです。

というか、法務省が、基準点を超える人が大体3000人くらいになるように基準点を設定しているんですよね。


実際勝負するのはその3000人の中の上位1/3に入ればいいわけです。




「それができたら一発合格しとるわ!!」




すみません。


嫌味を言ったつもりはないです。

8割とれば合格できるのは先に述べたとおり。


では、8割取るためにはどうしたらいいのか逆算して考えてみましょう。

平成25年度の試験の基準点および合格最低点
午前84点(28問)、午後81点(27問)、記述39点、合格最低点221,5点

最低合格点から基準点を引くと、
221,5-39=182,5

つまり、択一で31問、183点とっていれば逃げ切り合格です。


とことで、183点は択一満点中どれだけの得点率なのかというと、

87,14%です。

9割??
ハードル高っ!!

ではないですよ。

9割取れば、採点基準が公開されていない不明確な記述で40点前後の得点でいいと考えなければいけません。


では、9割取るにはどうしたらいいか。

それは正解率60%を確実にものにできればいいんです。



「はあ??」
「意味わからん」
「ワロスワロスww」



え~っとですね、ちょっと長くなるので、詳細は明日にでも記事で更新したいと思います。

正解率60%というのは、各問に5つの肢がある司法書士試験ですが、その各問の中の5つの肢のうち、
3つ確実に正誤を正確に判断することができれば合格にめちゃめちゃ近ずくということです。


Wセミナーのカリスマ講師山本先生の本を読んで納得したんですが、
気になる方は本屋に行って立ち読みするか、すこし自分で考えてみてもいいかもしれません。



こういう表紙です。
要旨はすぐ読めちゃうので、立ち読みで十分です。

質問、要望受け付けますのでお気軽にどうぞ。



もし、続き早く書けよと思われた方。
すみません。

一回全部書いたんですが、消えてしましました(T_T)

今日はご容赦ください。


司法書士 ブログランキングへ
2013-10-05 : 司法書士試験の特徴 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

=はる=

Author:=はる=
R大学法学部卒業
20代

司法書士試験の勉強を2年3カ月し、2回目の受験で平成25年度司法書士試験筆記試験合格。

午前:93、午後90(択一)・記述47(不登22、商登25)
合計230点

基準点午前84,午後81,記述39 総合点221,5点以上

これまでの勉強期間で培ってきた勉強法、僕がしていたやってはいけない勉強法を反面教師として役に立ててもらえればと思います。

趣味:スノーボード、ボルダリング(に関してはやってみたいという願望)、マンガ(ワンピース・進撃の巨人etc)

最新トラックバック

検索フォーム

AC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。