FC2ブログ
司法書士試験の勉強を始めたばかりの方、複数回受験しているが、未だ確立した勉強法が見つからない方のためのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

サブノートを作ってはいけない

サブノート



ある程度の数の受験生が作っていると思われるサブノート



自分が理解できていない事項をメモして、復習するために作るサブノート



サブノート

ああサブノート

サブノート

















無題







取り乱しました。




ええ、サブノートの用途としては先ほど述べたように、

自分が理解できていない事項をまとめて、復習するときにピンポイントで勉強できて便利


という目的で作られるものです。




このブログの第1回「マーカーを使うな」にもかいてあるように、勉強を進めていけば、頭の中にある知識の質・量ともに変わってきます。

新しい知識を確実に積み上げていく人もいれば、昔の知識をすっかり忘れてしまう人、昔の知識が少しだけ書けちゃう人。
様々です。



受験生の最終目標は司法書士試験の合格(将来のビジョンとか抜きで^^;)です。

つまり、自分が頭の中に入れる知識量も合格水準に達するまで必要となってきます。

そして、受験に必要な知識量は受験勉強開始直後から次第に増え始め、質・量が変わってきます。



サブノートを作るということは、自分の知識量が合格水準にまで達していない時点で作っているはずです。
(合格圏内の知識量の人なら作る必要ないから)


サブノートを作ったとしても、一定期間は復習のために使うことができると思いますが、復習が完璧になったらサブノートに書いた事項は不要になる。


しかし、サブノートに記載する時間というのは元に戻らない。


サブノートに記載する時間が無駄とは言いませんが、それは勉強ではなく、ほぼ



作業です



英単語・漢字のように書いて、読んで、体・視覚・聴覚で覚えるという目的のもと書くのではなく、サブノートに書くことは、今後の復習のために「メモ」する目的で書くわけです。

二次的な目的として「覚える」ために書いているかもしれませんが、司法書士試験で必要な知識は、数少ない条文を除いて、一言一句覚えなければならないものではないと、実際試験を受けて感じました。
(ピンポイントで確実に覚えなければならない事項はありますが、そのようなことは基本書に書いてあるし、わざわざサブノートに書く必要はなかったです)




結局何が言いたいかというと、勉強時間に作業が含まれてしまうと、自分自身の勉強成果を過大評価してしまうわけです。

「あ~今日は6時間勉強したわ」

内訳
・1時間30分 基本書読み
・1時間30分 過去問
・30分 机に置いてある携帯をいじってた
・1時間 休憩(ひどい人だとこれも勉強時間に入れちゃう可能性あり。家以外でで勉強しちゃうと、その場所にいる時間全てが勉強時間に含まれてしまうことに・・・)
・1時間30分 サブノートに書く


結構極端な例かもしれませんが、身になる勉強は3時間のみ。
自分が思い描いている勉強生活のうち、半分しか実は勉強をしていないということになります。


ペンをもって手を動かしてると、なんか勉強してる気になるもん。(ぼくもそうでした。不合格の年は)




ということで、結果、サブノートは不要。




「じゃあ復習するとき、自分が理解できていないとこをピンポイントで勉強するにはどうしたらいいのさ!!プンプン(`^´)」



自分が理解できていないところが、一目でわかればいいんですよね?


ぼくは

・ドッグイヤー(紙の角を折っちゃうんですね。犬の耳みたいに)

・鉛筆で、丸で囲む

以上


実際に、ドッグイヤー+鉛筆チェックした基本書

無題


右上の部分とと、左上の○がそれですね。
○が斜線で消してあるのは、一回チェックしたあと、再度答練・過去問を解いてしっかり覚えていたからです。
完全に覚えたとなったら、ドッグイヤーも元に戻します。

(チェックする箇所は、例えばぼくで言うと、過去問・答練で間違えた内容が記載されているページです。写真に「L」とあるのは、LECの模試を意味してます。)


なぜ鉛筆なのかといえば、後から容易に消せるからですね。
(赤で下線が引っ張ってあるのは、まだ安易にマークしていた時代の残りですw他の基本書では、赤で下線が引っ張ってある箇所も鉛筆でチェックしてます。)

それでドッグイヤーは、鉛筆でチェックすると、パラパラページをめくっている時に鉛筆でチェックした箇所に注意が行きにくいため(色ペンほど目立たないから)、基本書を手に取った時点で自分が理解できていない事項を把握するためです。

ドッグイヤーした基本書を横から見ると


s.png


触った感覚で、すぐに自分が復習しなければいけないページを開けるようにするためです。
(答練前とかは、その箇所だけ最終チェックしてました)



「いや、見栄え悪いし、これなら符箋でよくね?」


全くその通りなんですが、どれだけ勉強しても要復習箇所は無限に出てきます。

「基本書の知識全部完璧(-。-)y-゜゜゜」

なんて人はいません。

その要復習箇所全部に付箋を貼ると、ドッグイヤーよりもごちゃごちゃして嫌です(ぼくはね)。


それに、勉強してる現場で「符箋切らしたー!!」なんてことになったらぼく勉強やる気なくす。
(ボールペンは同じものを愛用していたので、インク切らすと記述の勉強やめちゃった(^^♪テヘぺロ)



というわけで、ドッグイヤー+鉛筆チェック
にいきついたんです。



これにはもう一つメリットがありまして、


先ほど述べたように合格直前になってもドッグイヤーしていないページが1ページもないなんてことはほぼないんです。
でも本試験日は迫ってくる。
けど試験日1週間前、2・3日前などほんとの直前期になにをすればいいかわからない。

もし勉強しててドッグイヤーしてたとすると
「そのドッグイヤーしていたページだけファイルから抜き取って、ほんとにそれしかやらない」

ということが、短時間でできます。



これは、ただ単にピンポイントに復習できるということではなく、

2・3日前の直前期にしなければいけないことに悩む必要がない
というメリットがあります。


これはすごい重要なことで、何すればいいかわからないと悩んでいるときは不毛な時間を過ごしていて、合格に近づくどころか遠のいてしまうんです。

けど、やることがハッキリしているということは、それだけに専念でき、その間は試験の不安を感じなくて済むんです。

精神的なメリットもあるということですね。




長くなりましたが、ぼくはサブノートを作る代わりにドッグイヤーで代替していたということ。
直前期にすべきことが理解できていて、勉強に専念できていたということです。

参考にできるところがあったら参考にしてみてください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013-11-04 : してはいけない勉強法 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

中・上級者講座を受ける必要が・・・?②

あ・る?






答えぇは・・・・・







NO-


そうではない。 






東海地区以外の方はスルーでお願いします。(天才クイズ 博士 3代目 検索)




中・上級者講座について他の意見を賜ろうと思いましたが、このブログの読者が少ないことを忘れておりました(笑)。

なので、コメントを待つのはやめて、早々に自分の意見を書いてしまうことにしました。





え~、中・上級者講座は、その講座の中に含まれる答練・模試をのぞいて、不要です。



ぼくが不要と考えている中・上級者講座は、初級講座と同様に動画などで講師が逐一説明していく講義のことで、初級講座には書かれていない、より細かな知識を伝えるような講座・択一を解くためのテクニック講座のことです。
(そもそもそういった講座は少ないような気がしますし、そういった講座のみ受講する人も少ないと思いますが)


それに、答練を申し込めば、答練として出題される問題の範囲についての軽めの予習・復習講座もついてる場合があるからです(全ての予備校がそうなのかは知りません。とりあえず、ぼくが受けたLECの答練には講義が付いてました。)。



前者の講座、多分意味ないです。



ぼくが不要だと考えている講座は受動的な勉強ばかりで、複数回受験している人がしなければならない主体的な勉強とはほど遠いからです。


多くの人は初級講座を受けていると思いますが、受験初期段階での勉強はほぼ「講義を聴く」といったものだと思います。

「今日は4時間も講義聴いたわー」
といって4時間勉強した気持ちになるわけです。

きっと、新しいことしてると、なんだか勉強した実感がして、充実した1日だったと感じられるからですね。



複数回受験した方で、こういったことに陥る可能性があるのが、記述・択一の実践を含まない、細かい知識を教えてくれる講座を受講した方です。



しかし、本試験を見直してみると、初級講座についてくる基本書に書かれていない事項なんてほとんどないです。

新たに講座を申し込んで教材を買おうなんてお金・時間の無駄。(答練・模試は別ですよ)

今まで使いこんできた基本書を読み直す方がよっぽど力がつきます。




ここで問題となるのが、「基本書を読むのが面倒」ってことです。


「つまんないし、自分に力が身に付いているのか不安」


このように思ってしまう精神的にブレやすい人が、新たに講座に申し込んだり、参考書を増やしてしまうんだと思います。







司法書士試験は暗記ばかりです。

多くの科目の広い範囲について正確に覚えなければなりません。合格するまでは果てしないものだと思えてきます。

だからこそ、今までやってきた勉強に不安を感じてしまい、新しいことに手を出してしまう。




結局、今までの記事で言ってきたことと同じで申し訳ないですが、ほんと「基本書を何回も読む」これに尽きます。


白紙の塗り絵に薄い色で何回も何回も色を塗って、白地の部分をどんどんなくしていく。
塗り絵の範囲は、枠で囲ってある絵の内側だけで十分で、自分で背景とか書き足していく必要はありません。


基準点を超えた人は、余白がだいぶ少なくなっているので、自分が理解できていない事項を何回も読む。これでOKです。
(余白については、答練、模試、過去問などやって自分にとってどこが余白なのか見つけましょう。)


ただ、覚えている知識のメンテナンスは定期的にしましょうね。自分が完全に覚えていると認識している事項でも、忘れているということが普通にありますから。

合格に必要な知識量までいくのに基本書だけで十分です。
やり方の違いだけです。


基本書を信じて、安心して頑張っていきましょう。


にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
2013-10-17 : してはいけない勉強法 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

中・上級者講座を受ける必要・・・

ある

ぼくないと思うんですけど・・・



こんばんは、はるです。




いきなり疑問形ですみません。



みなさんどう思います?

ぼくはこういった講座受ける必要ないと思うんですけど、今実際に中・上級者を受けているという方、中・上級者講座を受けて筆記試験を合格した方、初級講座のみ受けている方など、このブログを見てくださっている方で意見をおもちのかたはコメント書いていただけませんか?



講座を受ける必要がないという立場のぼくですが、そもそも中・上級者講座受けてないので、いきなり批判するのもどうかなあって・・・


後日、みなさんの意見があろうが無かろうが、このテーマに関して中・上級者講座を受ける必要はないという立場で記事を書きますが、他の意見も聞いてみたいです。


もしご意見があるという方は是非コメントください。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
2013-10-16 : してはいけない勉強法 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

初学者がする、基本書の読み込み

こんにちは、はるです。


昨日は用事があって更新できませんでした。


読者さんは少ないですけど、読んでくれている方がいるので今後も続けていきます。



ぼくは、以前の記事で繰り返し基本書ほ読み込みが必要だと言いました。

それもしっかり正確に暗記、理解をしなければならないと。


ただ、その勉強法を取り入れることで得点の伸びが期待できるのは、ある程度勉強が進んでおり、ある程度理解ができており、復習する段階にいる人なんです。


注意していただきたいのは、すべての科目を一通り終えていない初学者の方は、今の段階で基本書の読み込みを「細かいとこまできっちりやらねば」とは思わないようにしてください。

基本書は大切ですし、初学者の方も勉強の中心は基本書であるべきですが、だからといって、いきなり細かいところまで意気込んでやらないでくださいね。


白紙の塗り絵に、薄ーい絵具で何度も何度も色を重ねるイメージでいいです。


ぼくは法学部だったので大学で法律を多少かじっていたのですが、それでも司法書士試験の範囲は細かいところまで聞いてくる難関試験。自分が勉強していなかった分野なんてちんぷんかんぷんでした。

憲法、民法、会社法、刑法、民事訴訟法を勉強してたんですけどね~。

司法書士試験を受けるにあたって、法学部出身者とそうではない人は全然関係ないですね。
(司法試験受験者だった人とそうではない初学者の人とは違いがあると思いますが、そんな人そこまで多くないですし、司法試験受験者の方でも無慈悲に落されてますしね。)


話が逸れました。



初学者の方は、まず全科目一通り目を通しちゃってください。

予備校に通っている方は、受講できる科目はとりあえず、すべて一通りインターネット等で聞いてください。



その際に重要なのは、まず1科目勉強し始めたら、他の科目には手をつけずその科目を終わらせましょう。
(このアドバイスの対象と想定している人は、全科目一通りやっていない方です)



なぜなら、人は物事を単体で覚えるよりも、他の物事を比較したりしてまとめて覚えてしまった方がはるかに短時間で覚えられるし忘れないからです。



「???」
「他の科目も一緒にやった方がいいんじゃない??」



実際そうなんですが、今アドバイスの対象としている方は、全科目を一通り終わらせていない方です。

おおまかに、民法は不動産登記法・供託法、不動産登記法は民事訴訟法、会社法、民事訴訟法は民事執行法・保全法、会社法は商業登記法と関連があります。

なので本来勉強するときはこれらの科目とのつながりを意識し他方がより効率がいいですが、初学者の方はそもそも「不動産登記法とは何か」という段階にあります。

不動産登記と民事訴訟の判決の登記が関連していることすら現段階では知らない状態です。


ということで、まずは1科目ずつ集中して講義を聞き、早い段階ですべての科目に目を通してしまいましょう。


この科目とこの科目は関連しているんだなと、早い段階で認識することが大切です。


予備校の講義で、講義スケジュールが決まっていてこれ以上先に進めないという人は、つながりのある科目を終えたら、その段階で科目ごとのつながりを確認してみてください。

たとえば民法、不動産登記法が終わったらその2科目の関連事項を勉強するんです。



で、これが結構大切なんですが、関連事項を見つけて(同じ科目の中でもいいし、他の科目とのものでもいいです。ex.民法の時効と即時取得 不動産登記法と民事訴訟法の判決の登記・・・)、その事項を比較して覚えるべきだと思ったら、

比較すべき事項のページ数とその事項について(タイトルだけでも十分)を基本書の余白にメモしてください。


自分が「今日6時間勉強したわ~」の中に、関連する事項を探すために基本書、テキストのあっちこっちみて無駄に時間を使ったというのをなくすためです。

これができればかなり時間が短縮でき、勉強時間がより濃いものになりますよ。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
2013-10-10 : してはいけない勉強法 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

過去問をやるな

こんにちは、はるです。


今日は、タイトルにもあるように、過去問との付き合い方についてお話していこうと思います。


タイトルを見て

「ワロスワロスww」

となった方も多いのではないでしょうか。


タイトルなので、エッセンスだけ書いたらこんなタイトルになりました。

これは、文字通り解釈するのではなく、正確には「過去問をやり過ぎるな」ということです。


という僕も、過去問はLECの合格ゾーン10回以上回しました。

「www」


が、合格した今年度は、よくて3回しか回していません。

なぜ過去問をやらなくなったのか以下、お話します。


過去問をやらなくなった理由

1.過去問のやり過ぎにより、問題とその解答を覚えてしまい、考えることなく機械的な「作業」になっていた

2.1日の勉強計画を立てるとき、計画を立てやすいが、いざ実践すると、「過去問を解く」ことが勉強の目的となってしまい、かつ達成感が得られるため、なかなか知識が身につかない。
(正解・不正解に一喜一憂したり)

3.隙間時間に過去問を使って勉強する場合、間違えたじこうについて、過去問の解説だけ見て終わってしまう(手元に基本書がないからそうせざるをえない)
また、基本書が手元にあっても、基本書に書いてある事項を読み直すのが面倒になり、やらないことがある。

4.1と関連していますが、問題と解答をなんとなく、またはハッキリ覚えていて、正解できてしまうため、本来自分の理解は完璧ではない状態にあるにもかかわらず、自分の本当の理解度というものを客観的に認識できない

5.本来合格水準に達するために知識を増やしていくはずだが、その知識というのが、「その過去問」を解くために必要な知識の範囲に限定されてしまう。



多分、過去問を10回とか、かなりやった猛者達は「あるある」
と共感してくれると思うんですが、

公開模試や、答練で、過去問とほとんど同じ問なのに問われ方が少し違うだけで、
まったく違う問題に思えたり、そこまでは行かなくとも、過去問で正解していた問題をいとも簡単に間違えてしまった。

こんな経験ありませんか?

ぼくが去年受けた公開模試ではそうでした。
「過去問の出来だけ見たら余裕なはずなのになあ~」って・・・

これが一番やってはいけない、頭の中ではしっかり理解していると認識している事項について、
じつは「何となく理解しているつもり」だったということです。


本番でこんな曖昧な知識では瞬殺されることでしょう。


過去問を勉強の中心としている方で合格している人は多くいると思いますが、一般的に王道といわれる勉強法を実施している人で受験失敗した人と合格した人の差は何なんでしょう?


同じ図書館で1日最低8~10時間勉強している司法書士試験の受験生がいましたが、いわゆる「王道の」勉強法でした。

しかし、勉強しているといっても過去問を機械的にやっているだけで、基本書の読み返しをあまりしていないとのことでした。

今年で6回目の不合格だそうです。


先に述べた5なんて特に自分で納得できます。

「過去問を解いて、かつ基本書もしっかり見直してる」という人は理解ができていなかった事項、覚えていなかった事項をピンポイントで見直す勉強法になっていませんか?

知識の範囲が限定されてしまうというのはそういうことを意味しています。

司法書士試験の問題は基本書に書いてあることを直接聞いている問題もありますが、近年の問題は問いかたが少しひねられています。


ということは逆に、基本書をしっかり暗記、理解していれば聞かれ方が変わっても対応できるということです。


「いやいや、だからそれで合格できるんだったとっくに合格してるからw」


と思ったあなた、


基本書どれだけ読み込みましたか?


合格した友達は、過去問以外の問題に初めて触れたとき、問われていることは○pの右下の※の小さい文字で書かれてたなど覚えてるくらい読み込んだそうです。
僕も覚えてました。


要するに、頭で基本書は大切だと理解しておきながら、多くの人は勉強したという達成感がある過去問を作業的にやっていたり、答練で思うような成績が出ないときに基本書以外の参考書に手を伸ばしたりしていると思うんです。

「差」はここででるんじゃないでしょうか。


過去問は、司法書士試験がどのテーマを出してくるのかという傾向を把握するのに役立つし、とても便利だが、勉強の中心にしてはいけない。

自分の理解度がどの程度まで進んでいるか確認するためのツールとして使った方がいいと思います。



ただ、今回の記事のテーマについては反論が多いと思います。

それぞれ自分にあった勉強法を確立できていない方に役立ててもらうためのブログなので、納得できない方は「そういう人もいるんだなあ~」くらいにとらえていただければ幸いです。



P.S
昨日LECの口述試験対策行ってきました。

口述については過去問やっときゃいいみたいな感じなので、早いうちに行って過去問もらってきたらよかった。

7月7日から一切勉強していなかったので、基本的な事項を聞かれても答えられなかった質問もあったので愕然としました(・_・)

人にアドバイスする前に自分がやれよ(爆)
2013-10-08 : してはいけない勉強法 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

=はる=

Author:=はる=
R大学法学部卒業
20代

司法書士試験の勉強を2年3カ月し、2回目の受験で平成25年度司法書士試験筆記試験合格。

午前:93、午後90(択一)・記述47(不登22、商登25)
合計230点

基準点午前84,午後81,記述39 総合点221,5点以上

これまでの勉強期間で培ってきた勉強法、僕がしていたやってはいけない勉強法を反面教師として役に立ててもらえればと思います。

趣味:スノーボード、ボルダリング(に関してはやってみたいという願望)、マンガ(ワンピース・進撃の巨人etc)

最新トラックバック

検索フォーム

AC

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。